ほくろ除去で長年のコンプレックスを解消しよう

婦人

タイプによって治療を選ぶ

頬を触る人

身体や顔にあるほくろ除去を検討している人は少なくないでしょう。ほくろは意外と目立ってしまい、気になるものです。ほくろ除去をするなら美容皮膚科や美容外科が最適となりますが、ほくろの種類によって治療の方法は異なります。そこで、まずはほくろのタイプ別に治療方法をリサーチしていきましょう。

一般的にほくろ除去ではレーザー治療が用いられます。しかし、レーザーにもいろいろな種類があり、効果が違ってきます。盛り上がっているほくろに適しているレーザーは、炭酸ガスレーザーになるでしょう。これは、ほくろだけではなくイボにも効きます。ほくろやイボを炭酸ガスレーザーで除去した後は、傷跡が目立つこともありますので、しっかりとケアをしていくことが大切です。

シミやそばかすもキレイに除去できるレーザーとしては、Qスイッチルビーレーザーが挙げられます。これはブラックカラーの入れ墨の除去もできるパワフルなレーザーです。ほくろ除去はもちろん、シミやそばかす、あざといったさまざまな肌トラブルを解決することが期待できます。メラニン色素に反応するため、施術時の痛みなども軽減されやすいです。

レーザーの電気メスを使ったほくろ除去も定番です。ほくろの数や大きさにもよりますが、一個ならわずか数分という短時間で処置が完了します。痛みも少なく、再発の可能性が低い治療法だといわれています。炭酸ガスレーザーと同じく、イボなども除去できることが特徴です。このように、レーザー治療は切開しないため、抜糸も不要で気軽に治療を受けることができます。いずれも治療後は、日焼け止め対策を入念に行なうことがポイントです。