ほくろ除去で長年のコンプレックスを解消しよう

婦人

なぜできるのか

医師

鏡を見ると、突然顔にほくろができていたという経験がある人は珍しくありません。ほくろは、先天的なものだけではなく、ある日急に出てくることがあるのです。ではどうしてほくろは増えていってしまうのでしょうか。後天性のほくろの原因としては、紫外線の影響が考えられるはずです。紫外線を浴びるとメラニンが作られ、紫外線を吸収していきます。通常は、次第に元の皮膚の状態に戻っていくことになりますが、紫外線の量が多かったり、新陳代謝が悪くなっていたりするなど、さまざまな事情があるとほくろになってしまうといわれています。また、皮膚を触って刺激を与えることでもほくろができやすくなります。さらに、ホルモンの影響によってもほくろは増減するといいます。女性ホルモンバランスが変化する妊娠中や出産した女性は、とくにそうした影響が出やすいといえるでしょう。

では、なぜ顔にほくろができやすくなるのでしょうか。実は顔にはほくろを作る元となるメラノサイトがたくさんあります。顔は目や鼻、口といった人間の生命維持活動には欠かせない器官が集まっていますので、紫外線から守るためにメラニンをたくさん作る必要があるといえます。紫外線は細胞に深刻なダメージを与えるため、紫外線を吸収するメラニンは、本来とても重要な役割があるのです。ただ、肌のターンオーバーが正常でなくなってくることで、メラニンがほくろやシミとなってしまうのです。新陳代謝を活発にして、ターンオーバーのサイクルを正常化することが最も効果的ですが、加齢やストレスによる問題でなかなか理想通りにはいきません。そのため、専門病院でシミやほくろ除去をすることが効率的な方法となるのです。

ほくろ除去ができる専門病院は、皮膚科や美容外科が挙げられます。顔のほくろ除去であれば、傷跡が目立たない治療方法を最優先に考えるべきでしょう。そうしたほくろ除去後の仕上がりに定評があるのは、美容外科や美容皮膚科になります。