ほくろ除去で長年のコンプレックスを解消しよう

婦人

赤いほくろとは

カウンセリング

ほくろは色がついていることが特徴です。黒色や茶色が多く、濃淡の違いが見られるはずです。しかし、中には赤色をしたほくろのようなものもあります。この赤いほくろのようなものは、老人性血管腫と呼ばれるもので、老人性という名前ですが若い人にもできることがあります。老人性血管腫は、ほくろではなく、毛細血管が異常に増えて見えている状態です。盛り上がっている形状のものもあれば、平らな赤い斑点になっている場合もあります。

老人性血管腫は、その見た目から「赤いほくろ」といわれることが多いですが、ほくろと同じように、クリニックで除去できます。レーザー治療や、凍結療法など、ほくろ除去でもよく用いられる方法があります。ほくろ除去と同じ感覚で、最適な治療を選んでいくとよいでしょう。この老人性血管腫は、紫外線を多く浴びるとできやすくなるといわれています。UVケアを普段からしっかりと行なっていくことが予防対策としても有効です。

ほくろ除去のクリニックを選ぶ基準としては、実績が多いクリニックが安心です。老人性血管腫をはじめ、さまざまなタイプのほくろ除去をしたという豊富な実績があれば、治療もスムーズに進みますし、仕上がりもキレイになることが予想されます。地元で評判のクリニックをリサーチして選定していきましょう。またクリニックは、清潔さがあるかという点も重要です。不潔な印象があるクリニックは、ドクターの腕もあまり期待できないかもしれません。医療機器などもキレイにメンテナンスされていない可能性がありますし、安心して受診することが叶わないといえます。クリニックを清潔に保つことは、クリニックの基本ともいえる条件ですので、そうしたことを怠っていないないクリニックを選ぶようにすることが大切になります。