ほくろ除去で長年のコンプレックスを解消しよう

ほくろをとれば美人になる
頬を触る人

タイプによって治療を選ぶ

レーザー治療によってほくろ除去が可能になります。レーザーは、炭酸ガスレーザーや電気メスなどさまざまな治療方法がありますので、ほくろのタイプに応じて選んでいくとよいでしょう。

View Detail

カウンセリング

赤いほくろとは

実績が多いクリニックであれば、赤いほくろ除去の治療もスムーズに進めていくことができるでしょう。清潔感のあるクリニックを選んで、最適な治療方法を選択していくことが大切です。

View Detail

医師

なぜできるのか

顔にほくろができやすい原因としては、メラニンとメラノサイトが大きく関与しています。原因を知って予防をしていくことが大切ですが、難しい場合は、術後の仕上がりに満足できる病院で、ほくろ除去をしていきましょう。

View Detail

先生

早く治療しよう

なるべくほくろができないように予防策をとっていても、悪性のほくろができることがあります。早期発見が病気治療には有効ですので、そういった観点からもほくろ除去をして検査をすることは大切になります。

View Detail

鏡を見る女性

事前に確認すべきこと

料金体系がクリニックによって大きく変動するのがほくろ除去です。ほくろのサイズや治療方法によって2倍以上は変わってきますので、アフターケアの注意事項と併せて、あらかじめよくリサーチしておきましょう。

View Detail

シミとの違いは

鏡を見る女性

顔にほくろがあることで、周囲の視線が気になってしまうというケースがあります。小さなほくろであれば目立ちにくいですが、多数あったり、大きかったり、色がハッキリとしていると、どうしてもインパクトがあって、目立ってしまうものです。そんなケースでは、自分の顔が好きになれず、自信喪失に繋がってしまうこともあるといいます。しかし今は美容皮膚科などで、キレイにほくろ除去してもらえるようになっていますので、コンプレックスに感じるのであれば、ほくろ除去を検討した方が得策だといえるでしょう。短時間でほくろ除去してもらえますので、これまでほくろについて悩んでいた時間がもったいないと感じるはずです。

小さくても気に入らないほくろがあるという人も大勢います。そんな人のなかには、昔からあるほくろ除去法で、自分でほくろ除去してしまう人もいるようです。たとえば、もぐさを使った除去法です。ほくろ除去専用の特別なもぐさが販売されているため、そうしたもぐさを使えば自宅で除去を試みることが可能です。ただし、火を使って除去する方法になるため、取り扱いや使用法には注意が必要となります。また、効果は個人差があるといえるでしょう。やけどしてしまう危険性もあるため、用法を守って適切に処置することも求められます。そのため、確実に安全にほくろを除去したいのであれば、やはりクリニックを受診して治療することが最も良い方法になるといえます。アフターケアなども万全で、評価の高いクリニックを選んで受診するようにしたいものです。

また一つ注意したいのが、ほくろは美白効果のある化粧品で薄くすることはできないということです。ほくろとシミを混同して、美白化粧品でケアをしている人がいるようですが、効果は期待できないので気をつけたいところです。ほくろはメラニン色素のある細胞で、シミはメラニン色素が肌に残っているものです。本来は、新陳代謝によってメラニン色素は排出されるのですが、さまざまな事情によって肌に沈着している状態になっています。そのあたりが違うという認識をもって、肌のケアをしていくことが求められるはずです。